ビュースポット・施設

ジオパークビジターセンター

Slider

萩の大地の成り立ちを解説するプロジェクションマッピングや萩の大地と人のつながりを紹介するパネルのほか、五感を使って楽しむハンズオン展示などがあります。
萩ジオパーク推進協議会事務局も併設し、萩ジオパークの情報窓口として機能しています。
各種マップやパンフレットも取り揃えています。萩ジオパークの旅の出発点としてぜひお越しください。

基本情報

開館時間:9:00-17:00(萩ジオパーク推進協議会事務局は平日のみ)
休館日:2月の第1火曜日と翌水曜日
入館料:無料

笠山山頂展望台

笠山山頂展望台

萩ジオパークで最後にできた火山・笠山の山頂にある展望台です。笠山と同じく阿武火山群の一部である平らな火山、萩六島が浮かぶ美しい日本海の大パノラマをご堪能いただけます。

基本情報

開館時間:9:00-17:00(展望デッキは常時出入り自由)
休館日:なし
入館料:無料

萩ジオパークつながり発見の広場・笠山椿群生林

Slider

海岸沿いの森の中に遊歩道と解説板が整備され、約8800年前の噴火で流れ出した溶岩の大地の特徴と、その上で繰り広げられてきた自然と人の関わり合いを感じることができます。普段はあまり意識することのない大地と人のつながりを見つけてみましょう。

基本情報

開園時間:常時出入り自由
休園日:なし
入園料:無料

イラオ火山灰層観察施設

Slider

阿武火山群で最も激しく噴火をしたとされる伊良尾山の、噴火の歴史を物語る火山灰の地層を間近で観察することができる施設です。噴煙が上がる噴火と、溶岩が流れ出す噴火が何度も繰り返されることで伊良尾山が形成されたことが目の前の地層からわかります。

基本情報

開館時間:常時出入り自由
休館日:なし(冬場は積雪により立ち入りできない場合があります)
見学料:無料

龍が通った道

溶岩が冷え固まるときにできたひび割れ(柱状節理)が見られる「畳ヶ淵」

伊良尾山が約40万年前に噴火した際に14㎞にわたって流れ下った溶岩流が随所で特徴的な景観を生み、「柱が通った道」と呼ばれて地元で親しまれています。このうち、畳ヶ淵、猿谷の滝、龍鱗郷には解説看板が設置され、景色の背景にある激動のドラマを感じることができます。また、るーらるSHOP315には龍が通った道全体の見どころとマップが記された案内看板があります。

基本情報

開館時間:常時出入り自由
休館日:なし(冬場は積雪により立ち入りできない場合があります)
見学料:無料

活断層(木戸山西方断層)露頭保存施設

active_fault01

道路工事の際の掘削法面にあらわれた活断層の露頭を展示用に保存した施設です。断層活動によって岩石が破壊されてできた断層ガウジを観察することができます。

基本情報

開館時間:常時見学可
休館日:なし
見学料:無料